ビューティーオープナーオイルとは

 

「ビューティーオープナーオイル」は、その95%が卵殻膜エキスでできている贅沢な美容オイル。この「ビューティーオープナーオイル」が“卵殻膜”に着目してつくられたのは、卵殻膜の成分構成が私たちの肌と似ているため。タンパク質、アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸といった卵殻膜の構成成分は、私たちの肌をつくっている成分に非常に近いのです。

 

卵殻膜エキスをタップリ含んだ「ビューティーオープナーオイル」は、“肌なじみ”がとても良いのが大きな特徴です。つけるとスッと浸透し乾燥しがちな30代以降の大人の肌をシットリみずみずしく潤してくれ、年齢肌の悩みに対して良質な対処法を取ることができます。

 

なお、このオイルは使い方も特徴的!
一般的に美容オイルというとスキンケアの最後に使うものが多いなか、この「ビューティーオープナーオイル」は1番初め“洗顔後スグの肌に”に使います。それは、卵殻膜エキスに含まれる栄養を肌にダイレクトに届けるため。汚れを落とした肌に、最初にこのオイルをつけることで、肌が必要としている栄養をグッと浸透させる狙いがあるわけです。

 

導入美容としてのメリット

 

ビューティーオープナーオイルは洗顔直後に使用することに大きな意味があります。それは“導入美容”としてのメリット!

 

肌馴染みがよく浸透力が極めて高いビューティーオープナーオイルには肌の中へと浸透していくときに、その上からつけたスキンケアアイテムを一緒に肌の奥に引っ張っていく働きも期待できるのです。

 

乾燥して肌のキメが荒れてくると、保湿効果の高い化粧水やクリームを使ってもうまく肌にその成分が浸透しにくくなってしまうもの。せっかく高額な化粧水やクリームを買ったのに、その成分が肌に届かず、いまひとつ効果が実感できなかった経験がある方も多いのではないでしょうか。そんな“スキンケアの効きが悪い”という悩みにも、この「ビューティーオープナーオイル」は応えてくれるんですね。

 

洗顔直後の肌に1~3滴分、このオイルを肌に馴染ませるだけ!
それだけで浸透力と栄養価に優れた濃厚な卵殻膜エキスが、年齢や疲れによって肌から失われていく成分をシッカリ補い(角質を栄養と水分で満たして)、肌を毛穴の目立たないモッチリしたハリのある状態に導いていってくれますよ。

 

 トップ ビューティーオープナーオイル